FC2ブログ

記事一覧

有機肥料製造・販売の㈱三成です。【有機質肥料の特徴その2】

◎魚粉
生魚を煮て、油と水分を除き乾燥させたもので、一般的に窒素とリン酸分を持つ。
温度による分解速度の変化が少なく、有機質の中では速効性がある。
◎植物油かす
菜種、大豆、綿実、ゴマ、トウモロコシや米ぬかなどから油を搾った粕のこと。
◎蒸製骨粉
生骨を粗く砕いて蒸熱し、脂肪とゼラチンを除いて乾燥し粉砕したもの。 肥効は緩効性で残効も長い性質をもつ。
◎カニガラ
緩やかな肥効であり、主成分のキチン酸は連用することで放線菌が増え、糸状菌のキチン質を分解するため、カビが原因の病気の予防・軽減に効果がある。
◎肉骨粉
牛・豚・鶏から食肉を除いたものを加熱処理し油脂を除き、乾燥させ細かく砕いたもの。

main_img.jpg

肥料に関するお問い合わせは
こちらから>>

公式ホームページは
こちらから>>

オンラインショップは
こちらから>>
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント